賃貸の水道事情

賃貸の水道事情

賃貸の水道事情と言えば

賃貸の水道事情
★ 32歳 女性
賃貸の水道事情と言えば、大学の頃に暮らしていたアパートの事を思い出します。
古いアパートで家賃は安かったのですが、水道の配管が古く、実家に帰省してアパートに戻ると、赤っぽい水がでたりしました。
しかも都内だったので、田舎のおいしい水道水を飲んでいた私からすると、びっくりするような味と臭いがする水道水でした。

そこで、使う前には少し水を流したり、浄水器を取り付けたりしました。
そうすると、お水を飲んでも違いが分かるくらいに改善され、お茶の味もずっと良くなりました。

それでも赤水はどうにもならないので、賃貸仲介会社に相談したところ、すぐに大家さんに伝えてくれて、その後ほどなくして、大家さんが配管をリノベーションして下さいました。
お金のかかることをすぐにやってくれる大家さんはとても少ないと聞くので、私の場合は大家さんがとても親切でラッキーでした。

配管を替えたことで赤水も出なくなり、浄水器のおかげもあって、都会でも快適な水道事情で過ごせました。