賃貸の水道事情

賃貸の水道事情

友達と話していて、水道の話になった時のことです

賃貸の水道事情
★ 50歳 女性
友達と話していて、水道の話になった時のことです。

彼女の娘さんが、一人暮らしをしていて、初めに住んでいた賃貸住宅では、戸別にメーターを検針、そして使用料が請求され、それを振り込んでいたそうですが、2回目に住んだところは、大家さんが集金をしに来たとのことでした。
3回目のところは、共益費に水道料金が組み込まれていて、ほとんどシャワーの娘さんは(朝シャワーもしない)「なんだか損しているかも」と言っていたそうです。
賃貸の水道料金には色々あるのです。

別の友人の大学生の息子さんは、結構きれいなワンルームに住めて喜んでいました。

しかし、住んでみるとキッチン、お風呂から赤い水が!どうやら赤さびのようで、大家さんに話しても一向に対処してもらえず、引っ越しを余儀なくされたそうです。

私が、結婚当初住んでいた賃貸では、水の臭いが気になりました。
関西でもビール工場が昔からあり、水がきれいと定評があったのですが。夫は生まれてからずっとその地域に住んでいたので、全く気付かなかったといいます。
「水が変わる」とはよく言ったもので、住む場所が変わると色々あります。