賃貸の水道事情

賃貸の水道事情

以前、テレビで、訳あり賃貸物件という番組を見ていた時のことです

賃貸の水道事情
★ 43歳 女性
以前、テレビで、訳あり賃貸物件という番組を見ていた時のことです。

東京都心で、月額の家賃が27000円ということで、これは激安だから、訳あり物件だろうと取材に行っていました。
すると、1階部分は元々は飲食店だったそうで、ここを自由なスペースとして、入居者が食事をする場所になっていました。

それぞれの部屋は2階部分にあり、4畳くらいの小部屋が10ほども並んでいます。ドアを開けてみると、ロフトベッドが入っていて、その柱が入口の真ん中をふさいでいるので、ドアの半分のスペースから出入りしていました。
そんな窮屈な状況ではあるものの、電気料金と水道料金を別途払う必要がなく、たった一つの共同シャワーと洗濯機を自由に使っていいというのは、なかなかのメリットだと思いました。

昼間は学校や会社に行き、単に眠るだけのために部屋に戻るなら、一人暮らしで割高になりがちな水道代を気にせずに済むというのはいいかもしれません。
女性には厳しいかもしれませんが、男性なら住めるであろうこの物件は、水道料金においてはおおらかな物でした。